催眠療法

ライフファクトリーの催眠療法は
心のケアから、ダイエットまで
幅広い状況に対応をしています

催眠心理利用法で
できる事

  • 生活習慣や直したい癖を改善できる
  • 手足の痺れが改善される
  • 大切な人、ペットが亡くなった傷が緩和する
  • 自分に自信をもち、堂々と過ごす事ができる
  • 緊張しなくなり、初対面の人ともスムーズに会話できる
  • 常に人目を気にしする事がなくなる
  • トラウマから抜け出せる
  • ポジティブな自分になれる
  • 抱えている問題を整理し、賢明な判断ができる
  • イメージを創造し物事の成功に近づく事ができる
  • 記憶力や集中力が向上し仕事や勉強が捗る
  • 間食を辞めれる
  • 焦燥感が消える
  • 子供に対して落ち着いて接することができる
  • ターミナルケア(死への恐怖感の克服)できる
  • 出産が不安な女性の心を緩和
  • 依存症の改善(タバコ・アルコール・ギャンブル・薬物) から抜け出し、自分の未来を開ける

催眠療法とは

幼少期に感じた欲求不満を抱えたまま大人になることが多く、意識しなくても潜在的に抱えている心の乱れがあります。たとえば「私は愛されていない」という気持ちのまま育った方は常に劣等感を持って生きています。そこで催眠療法で潜在的意識を「愛されている」と変化させる事で考え方が変わり、健全な心と体を取り戻すことができます。

一方、現在の日本では退行行催眠と呼ばれる簡単な催眠しか出来ない専門家が多いため対応できる事が限られてしまいます。しかしライフファクトリーではあなたの状況に合わせて様々な催眠療法を行い幅広い症状、状況に対応可能です。

催眠療法によって
期待される効果

心に抱えた傷の治療・改善・変化をさせることが可能です。催眠療法によって、魔法のように病気を治すのは難しいです。しかし、一般の心理療法よりも速やかに回復する事が確認されています。

【心が原因の症状】

パニック障害、過呼吸、強迫神経症(〇〇しないといけないという概念)、不安神経症、摂食障害(過食・拒食)、不眠症(寝つきが悪い、眠りが浅い、疲れが取れない)トラウマ、解離性健忘(自分が行っていたことを忘れてしまう)、多重人格(自分の中にもう一人の自分がいる)、うつ病、統合失調症(幻覚、幻聴、攻撃的、妄想)、原因不明の体調不良(体が重い、頭痛、眩暈、発熱、吐き気)、てんかん(体が勝手に動く)、体の痛み、関節リウマチ、耳鳴り、胃潰瘍、身体疾患からくる痛み、視力回復、免疫力の向上

ライフファクトリーの
催眠療法の特徴
(他の機関との催眠療法の違い)

戦略的にセラピーを行い
最大の効果を発揮

最初にどんな姿になりたいのか、どんな自分になりたいのかを明確にします。そして、そのゴールから順序立て必要な方法や、問題点を探します。つまり、計画を立てる事により最大限に効果を発揮させます。

うつ病、不安感、パニック障害など1日から3ヶ月で改善

退行催眠や、前世療法の効果は低いですが弊社の場合はしっかりと催眠心理療法をベースに加えて心理学を併用しています。それが効果が非常に高い理由です。事前にカウセリングや現在の起きている状況の原因を突き止めるので、再発防止にも有効です。

本格的な心のケアから
ダイエットまで対応

ちょっと疲れが溜まったなと感じた時や、ペットロス、統合失調症、多重人格などの重篤な問題を解決したい方、ダイエットをしたい方までと幅広い方に対応をしております。

知っておきたい
催眠療法の違い

  ヒプノセラピー 通常の古典催眠 ライフファクトリー
本多式催眠心理療法
施術者の特徴 ・簡単に学ぶ事ができる
(合計10時間程度)
・趣味の延長線上
・スピリチュアルを好む
・医療、心理学の知識が乏しい
・人により、上手な人とそうではない人の差が激しい
・心理学に精通している人が少ない
・勢いで行う人も多い
・一文の暗示文で完結する人もいる
・心理学・臨床医学に精通をしている
・クライアントも問題点を解明している
行う療法 前世退行
退行催眠ヒーリング
暗示
例)楽しくなります。と強力な命令を入れる
物事の捉え方を変化させるので、何事にも応用が効く
効果 弱い 強い 強い
メリット ・弱いので効きすぎることがない ・強い効果がある
・どんな状況でも解けない
・柔軟性が低い
・状況に合わせて適応
・柔軟性が高い
・高度な技術が必要
デメリット 効果が薄い
一時的な効果
・例えお葬式があっても楽しくなってしまう。
・人により暗示の受け取り方が違うので危険
・1回の施術時間が長い
・大学院レベルの心理学知識と鋭い洞察力が必要なため誰でも習うことができない

催眠療法の流れ

初回セッション

お客様の基本情報とお悩み事、症状についてお答えいただきます。

催眠療法の説明

セッションを行う前に、催眠療法についての説明をいたします。誤解や不安を排除することで、必要な催眠状態へとスムーズに入ることが できるようになります。

カウンセリング

お悩み事と症状の把握を目的として、療法士からいくつかの質問をさせていただきます。

催眠

被暗示性(催眠に入る度合い)と催眠にかかる傾向を確認した上で、お悩み事や症状の根本原因を探ります。

継続セッションについての説明

初回セッション終了後、今後のおおよそのセッション方針(終了までの回数等)をお伝えいたします。

次回セッションの予約(希望者のみ)

初回セッション終了時に次回の継続セッションのご予約を入れていただくことが可能です

催眠療法料金

代表セラピスト 本多清正

ロンドン大学卒 心理学者兼経営コンサルタント
心理学の知識、効能を全て網羅し物事を多角的に捉えて根底の原因を突き止めて催眠心理療法を行います。
他の催眠療法士よりも値段が高い理由は、簡易的に資格が取れるヒプノセラピストではなく、世界トップの大学で学んだ知識を全て利用してあなたに最適な催眠心理療法を行うからです。

催眠心理療法

心の病の治療

初診 2時間 15万円〜 / 再診1時間 10万円

1時間のカウンセリングの後、心の深い傷や心の病を催眠療法と心理療法を組み合わせ癒していきます。 強い不安感、うつ病、不眠症、精神疾患の方におすすめです。

オプション

アンカリング 1回 5万円

特定の動作(オルゴールを聞く、ブレスレットを握る)などを行うとリラックスした状態になるように潜在意識に働きかけます。繰り返し、同じ暗示を入れる事により習慣になり、心の状態も良くなっていきます。

シニアセラピスト

リラクゼーション&瞑想法

90分 3万円

瞑想と催眠療法を組み合わせ、心の状態を良い状態に改善します。
寂しい、悲しい、苦しいなども気持ちや、不安からくる不眠などを緩やかに改善していきます。

※悩みが多い方、精神疾患の方には心理療法との組み合わせをおすすめします。

よくあるご質問

Q1催眠療法にかかるのか心配です。
催眠療法は、人により強くかかる人もそうではない人もいます。しかし、実際はどんな方も効果があります。催眠療法にかかろうとしても、しなくてもどちらでもリラックスした状態でいてくださる事が重要です。
Q2催眠中に操られたり洗脳されたりというようなことはありますか?
催眠中はリラックスした状態になりますが、意識はしっかりとあります。
実は、日常生活で自然に催眠状態を体験しています。例えば、本を夢中で読んでいる時、何か考え事をしていてあっという間に時間が経つ。つまり、一つの事に集中をしている感覚が催眠状態なのです。また催眠は睡眠とも異なり、催眠に入っている間もしっかりと意識があり自分の意志で話すことが可能ですので心が解放されていきますので洗脳される事も操られる事もありません。必要でしたらビデオ撮影も対応します。
Q3催眠状態から出られなくなるようなことはあるでしょうか?
催眠は睡眠とは違い、意識がはっきりとあり自分の周囲で何が起こっているのかも分かる状態ですので、いつでも自分の意思で催眠状態から出ることが可能です。逆に言えば、自分が願えば願うほど、効果は持続します。
Q4どの療法を受ければいいのか分からないのですが?
どのコースが良いのか、もしくは現在の状況で催眠療法を受ける事ができるのか不安に思った場合は、お気軽にご相談ください。
Q5他の心理療法(心のケア)との違いは何ですか?
ほとんどの心理療法は、表面意識(今、気づいている意識)のみの問題をとり扱います。
しかし、問題の核心は潜在意識と呼ばれる、普段は気がつかない意識のなかにこそ隠されています。
ヒプノセラピー(催眠療法)は、自然なかたちで潜在意識とつながり、問題の核心を解放することができます。
よって、その他の心理療法よりも早く効果を出す事ができます。

※催眠心理療法は絶大な効果がありますが、メンタルの根底が改善しない事には再度同じ状況になった際の耐性ができません。
つまり同じように悩んでしまいます。弊社は催眠療法だけではなく心理療法も併用する事をおすすめしております。

お名前必須
メールアドレス必須
メッセージ