お役立ちコラム

2019年8月30日

2. アダルトチルドレンと催眠療法

会社に行くのが苦痛で悩んでいました。好条件の外資系に転職できたのですが、毎日のように劣等感を感じていました。私の家柄は、両親ともに社会的に立派な人でしたが、僕自身は、幼いころから出来ない事ばかりで、常に劣等感の塊のような性格でした。父が僕に対して興味があるのは、学歴だけしかなくて、常に「跡取りなんだから」と言われて僕プレッシャーに押しつぶされそうな気持でいっぱいでした。僕の母はとても愛情がある人でしたが、学歴に関しては、父親以上に執着をしていたと思います。塾に散々行かされて、ママの中で成績が常に一番でいないといけないという人でした。そのせいか、自分というものが僕にはほとんどありませんでした。ちょっとしたことでも傷つき、その傷口を自分でもっと悪化させてしまうといった、どうしようもないマイナス思考が出来上がっていました。
このままでは、私は生きる喜びを感じられないまま、社会でも大きな挑戦も出来ずに潰れていくと思います。

Q催眠療法を受けようと思った理由は?

このままでは家柄に泥を塗ってしまうのではないかという不安がありました。跡取りとして失格だと思われてしまったら、仕事を継ぐことが出来ず、こんな自分では社会では通用しなくて、無職になってしまうのではないかと恐怖を感じました。精神病の薬を飲んでいることが周囲にバレてしまったらどうしようと不安で不安で仕方なくなりました。

Q催眠療法を受けている最中はどのような気持ちでしたか?

体中がポカポカしてきて、春の陽気に包まれているような心地よい気分になっていくのが分かりました。
・あまりの気持ちよさに、途中から爆睡してしまいあまり覚えていないです。
・気が付いた時には自分が優しい光の羽衣に包まれているような感覚になっていました。

Q催眠心理療法を受けてみていかがでしたか?

・今までのような劣等感や自信の無さはなくなり、本当の自分が出せるようになったと思います。社内でも、自分の良さをしっかりと発揮できるようになりました。
・失くしていた本当の自分を取り戻してくれたことに感謝しかありません。そして、ここまでたくましくしてくれたことにはお礼を言っても言い切れないくらいです。

2019年8月30日

1. うつ病の改善実例

妹の夫がうつ病になってしまいました。
休職中で、産業医と会社から紹介された心療内科で定期的に診療していますが、効果がありません。必死で治療に協力している妹を見て、私も胸が塞がれる思いです。双方の両親や兄弟も、できる事はしています。ですが、ついに妹が死を口にするようになってしまいました。妹もストレスなのか、原因不明の体調不良に悩まされているそうです。(目まい、急に身体が痛む、筋肉が痙攣する、など)
子供達が明るくいてくれるのが唯一の救いとなっております。そこで、催眠療法はどうかと思ったのですが、どうでしょうか?

Q催眠療法を受けようと思った理由は?

・子供の世話をしないといけないと思っていても、体が言う事を聞かなくなってきてしまい、私までダメになってしまったら子供たちに迷惑をかけてしまうと思いました。
・体力的にも限界に近付いていることが自分でもわかるほど苦しくなってきてしまいました。
・これ以上、夫が苦しんでいる姿を見ているのが辛くなって催眠療法で楽にさせてあげたいと思居ました。
・診療内科で薬をいただいてますが、薬の使用が多くなりすぎると健康面でも不安が出てきてしまうと思ったからです。

Q催眠療法を受けている最中はどのような気持ちでしたか?(旦那さんの回答)

・じわじわと体が温まっていき、ポカポカとした心地の良い気分になっていくのがはっきりとわかりました。
・体が温まっていくのと同時に、ゆっくりと何かに包み込まれるような、気持ちよさを感じました。

Q催眠心理療法を受けてみていかがでしたか?(旦那さんの回答)

ただ、まったりと過ごしているだけなのに、心の中がすっきりとしていくのが分かりました。ぐっすりと眠ることが出来なかったのが嘘のように、寝れるようになりました。薬を飲み続けていくのは嫌だなぁと思っていましたが、催眠心理療法のおかげで薬を減らせるようになってよかったです。これからゆっくりでもいいから社会復帰をしたいと思えるような心境に久々になることが出来ました。

2019年8月30日

「先生に出会えなかったら子供を見捨てていたかもしれない…」

初回相談

20代女性妊娠中はヒドイつわりで、2回休職しましたが、出産前まで不調が続いていました。周りからは、「どれも産んだら治るよ」という言葉を掛けられていたのでそれを励みに、出産を心待ちにしていました。そして、予定日を数日過ぎたものの、無事かわいい赤ちゃんが誕生しました。
 5日間の入院後、退院時は、想像していたより動けて、体も順調に回復しているように感じていました。妊娠中よりも体が軽く、産後はシンドイといわれていますが、こんなものかなと思っていました。 退院後は夫の助けを借りつつ、順調な育児スタートを切ったように思いました。
ところが、出産10日を過ぎたくらいから、腕や脚が痒くなり、日を追うごとに酷くなっていきました。赤ちゃんは眠っているのに、自分は痒みで寝つけず、寝なきゃと焦って、更に目が冴えてしまい、ウトウトしはじめたら授乳の時間となり、なかなか体を休めることができませんでした。
そうすると、痒くて眠れない→体が安まらない→更に痒くて眠れない…と負のループに。また今日もそうなるのではないかと思うと、毎日が不安で仕方ありません。
この頃には、睡眠不足も酷くなり、体力、精神共に擦り減って、赤ちゃんの世話をするのも不安な状態になってしまいました。どれだけ頑張っても改善しません。

Q改善しようと思ったきっかけは?

・このままの状態が続いてしまえば、赤ちゃんの世話をすることも出来なくなり育児放棄してしまうのではないかといった不安に襲われたことがきっかけです。
・仕事にも復帰したいと考えているのですが、こんな状態では仕事に復帰することも出来なくなってしまいます。
・育児放棄もしたくないし、仕事にも復帰したいと思っているのにこんな状態ではどちらもうまくいかなくなってしまい、自分自身が壊れていくのではないかという恐怖心が芽生えてきたことがきっかけです。

Q改善していくうちにどんな変化がありましたか?

・脚や腕の痒みもほとんどなくなってきたことで、夜もちゃんと眠れるようになれました。
・赤ちゃんの世話をすることも出来るようになり、毎日赤ちゃんの笑顔を見るだけで自分も自然と笑顔になれるようになりました。
・旦那の生き霊かと思っていたことも、今となっては何故そんなことを思ってしまったんだろうと自分でも不思議に思うほどに改善することが出来ました。

Q改善された今の心境を教えてください

・諦めないで良かったと本当に思っています。育児は大変だから様々な症状が出ても仕方ないと諦めてしまっていたら、小さな命を失うことになっていたかもしれないと思うとぞっとします。
・旦那にもすごく感謝できるようになりました。私の事をサポートしてくれることもそうですが、こんな自分の為に一緒になって真剣に取り組んでくれている姿をみると本当にこの人で良かったと思います。

Q悩んでいる方へのアドバイスをお願いします

・まずは、早い段階から相談することをしたほうがいいと思います。一人で抱え込んでいても改善されることはないので、恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、誰かに助けを借りるということは悪いことではないということを知ってほしいです。
・悩み続けてしまうと自分自身が壊れてしまうこともありますので、そうなる前にここに相談してみるといいと思います。先生たちはみんな、優しくてすべての事を聞き入れてくれるのですごく心が楽になれます。

2019年8月30日

「可愛い子供の寝顔と引き換えに起きた私の悲劇」

初回相談内容

30代女性5ヶ月の男の子を育児中です。実家が遠く、近所には友達もいない状況で、子供を産んだ後すぐにノイローゼになりました。産後、4ヶ月位から育児に慣れてきて、子供も夜たくさん寝てくれる様になって、とても楽になったのですが、今度は私が不眠症になってしまいました。寝付けず、また授乳の時間。あっと言う間に朝…という感じの繰り返しです。子供はすごく可愛いと思える時もあるし、育児がしんどく誰かにママを代わって欲しい時もあるし、気分が安定しません。眠れなかった次の日はイライラして涙が出たりします。体もフラフラです。それに最近は、知らない人の声が聞こえてきて、子供を殺せと言ってきます。霊でしょうか?
病院に通っていますが、なかなか不眠が治らず、一ヶ月以上続くので辛くなってきました。産婦人科で漫然と飲まないで。と言われ、もう次は睡眠薬しかないのかな…と思います。でも薬に頼ると抜け出せなくなりそうですし、病院に行くのを迷っています。

Q改善しようと思ったきっかけは?

・夜眠れないことで、日中にイライラしたり、涙が止まらなくなったりといった感情のコントロールが出来なくなってきたことに不安を感じ始めたのがきっかけです。
・お腹を痛めて産んだ子供を「殺せ」といってくる霊の声も毎日聞こえてくると、本当に殺してしまうのではないかといった恐怖心が出てきました。
・睡眠薬に頼って、薬漬けになってしまうのがとても嫌でした。

Q改善していくうちにどんな変化がありましたか?

・今では、日中の感情もコントロールすることが出来るようになり、昔のように普通に近い生活が出来るようになるまで改善されました。
・幻聴も最近は、気にすることがなくなりました。まだ少しは聞こえてきたりもしますが、それは自分自身の弱い部分なんだと思えるようになるまでになれました。

Q改善された今の心境を教えてください

・子供を見るたびに笑顔が溢れるようになれたことが何よりも嬉しいです。もしもあのままの状態から改善できなかったらと思うと少し怖くなります。
・病院に通うこともなくなり、薬漬けにならなくて済んだこともすごく嬉しいです。夜に眠れないということがこんなにもいろいろな要因を生み出してしまうんだなと初めて知りました。不眠症は軽く見られがちですが、とても怖いものなんだなと改めて感じました。

Q悩んでいる方へのアドバイスをお願いします

・幻聴が聞こえてくるということは自分自身の心の声を代弁しているのかもしれません。ですから、幻聴が聞こえてきた時点ですぐに行動に移すことがいいと思います。
・不眠症は本当に恐ろしいことばかりです。なんだか最近眠れないなぁと思う日々が続いてきたら少しでも早いうちに診療することをおススメします。夜眠ることが出来るだけで心も体もすっきりして、毎日に充実感が湧いてくるようになります。