10. 不安障害と催眠療法

経営している会社の先行きの不安や孤独心からはじまり、これからの人生や健康に対し不安が生じ、睡眠薬なしにはほとんど眠れず、原因不明の焦燥感にさいなまれておりました。
会社もそれなりに成長してきて、家庭も円満で、周囲から見たら何も問題のないように映っていたかもしれません。
理性ではどうしなければいけないのか理解できていたつもりなのですが、気持ちが全くついてきてくれません。なんとか気持ちを立て直そうとしても、焦りと不安ばかりが強まり、鬱状態もひどくなっていきました。
その悪化をどうすることもできず、根性と勢いだけで社会を生き抜いてきた私は、はじめて自分が一番どうにもならないことに気付かされ、呆然自失しかできませんでした。自分の意識の強さだけでは届かない世界が、人間の心の奥にはあるとわかるも、対処しようがなかったのです。
どうにもならない心の奥を何とか解決しようと、様々なことを試してまいりましたが、効果が上がりません。そして、やっとその道でぶっちぎりだという岩波先生の存在を紹介してくれた人に出会うことになり、プログラムに参加できました。私の焦燥感も不安感も孤独感も原因不明ではなく、幼き頃からの流れが現在に大きな影響を及ぼしていることを悟ることができました。理性を何段階も飛び越えた直感だけの世界にとても感動しました。

Q催眠療法を受けようと思った理由は?

・経営者として社員と自分の家族を守るために改善しなくてはならないと思いました。
・睡眠薬無しでも、ぐっすりと寝れる様にしないと体がもたなくなってしまうと本気で思いました。
・睡眠薬も聞かなくなり、いよいよ、あぶない状態まできてしまったと感じ、このままではすべてを失い、そして自分自身さえも失ってしまうのではないかと思ったのです。
・ほかの心療内科でもみてもらいましたが、一向に良くなることはなく症状はひどくなる一方でしたので、神に祈る気持ちで受けました。

Q催眠療法を受けている最中はどのような気持ちでしたか?

・すごく心地が良くて、ふわふわしたような気分でした。あまりの気持ちよさにうとうとしてしまうくらい、優しく包まれる感じがありました。
・急に悲しくなり涙が出てきましたが、涙を堪えることもなく自然と感情が溢れてくるような感じでした。
・今まで溜まりに溜まった感情が一気に爆発して、必死に抑え込んでいた感情がこぼれだす様に吐き出すことが出来てものすごくスッキリとした気分になることが出来ました。

Q催眠心理療法を受けてみていかがでしたか?

・ずっと溜め込んできた感情を押さえるものがなくなって、感情の発散とともに出てきたあとは、すっかり不眠も焦燥感も不安感もなくなりました。
・何もしていないけど物事の考え方がガラっと変わり、今までみたいに自分の中に溜め込むような考え方から少し楽観的な考え方になれたことで、心の仲がスッキリと軽くなりました。

9. 不安障害とうつ病

ただ、助かりたい。大量に服用される薬から解き放たれたい一心です。仕事中、自己視線のせいで周りが不快な思いをしていないかと気になり、集中力は欠け、思うように仕事が出来ず、体を硬直させ、自然に振舞えず、限界が近づいているように感じていました。
退職しても次の職場が持つか自信がありません。帰宅しても、すべての力を使い果たし、部屋でグッタ リするしかなく、着替えも風呂もやる気が起きず、朝も自分を徹底的に追い詰めないと、起床も出社もできません。
外食一つとっても、座る座席の位置ばかりが気になり、尋常じゃ無い疲労感に襲われます。会話もうまくいかない自分にいらだちを感じ、どれだけ無駄な力を無駄なことばかりに使っているのかと考えると、自分の不幸を呪いたくなっていました。

Q催眠療法を受けようと思った理由は?

・このままだと一度しかない人生を棒に振ってしまうと思い、それだけは絶対に嫌だと思いました。
・テレビドラマで女優さんが演じているような、素敵な女性に自分もなりたいと強く憧れているので、このままでは憧れの女性どころか、どん底に落ちる女性になってしまうといった恐怖感がありました。
・親戚の私に対する批判があまりにも酷く、とてもつらい毎日です。こんな苦しい気持ちをずっと一人で抱えて生きていかなくてはならないのかと思うと胸が苦しくて苦しくて、抑えきれなくなってしまいました。

Q催眠療法を受けている最中はどのような気持ちでしたか?

・カラダがぬくぬくとした温かい感じに包まれて、優しい何かが纏わりついているような不思議な感覚になりました。
・自分の嫌な事が心の中から少しづつですが、消えていくような感じがありました。溜まっていたストレスもどんどん出ていく感じがして、カラダが楽になり、心がスッキリと晴れ晴れしたような気分になることが出来ました。

Q催眠心理療法を受けてみていかがでしたか?

焦りで空回りをしたこともありましたが、深いトランス状態に入れるようになってからは、疲労感がすっかりリセットされて、極度の緊張感も和らいできました。
私が心の奥底に閉ざしていた本能や感情のパワーを解放するといった体感をしてからは、あらゆることが好転していきました。
根本的に解決できるプログラムを受けられて、幸運でした。心強い指導をありがとうございました。

8. 催眠療法と不眠症

5年前から不眠症が続いています。うつ病の悲惨な話や改善しにくい事、薬の問題などをよくネットで知っていたので、不安になっています。
私は結婚しているので、私が養わなければならない妻や子供がいます。転職がきっかけでうつ病と不眠症になっています。
数字に追われ続けながら、どんどんエンジンがかからず、焦ってもがいてみても、どうしようにもありませんでした。
そのため、立場がどんどん悪くなり、これから家族を養っていけるのか?など将来がとても不安で、不安で仕方がありません。子供の顔を見てやる気を出そうとしても、全く出ず、この子たちは幸せになれるのだろうか? と不憫に思えてなりませんでした。

Q催眠療法を受けようと思った理由は?

・なんとしても私が家族を養っていかなくてはならないといった強い気持ちから催眠療法を受けてみようと思いました。
・精神安定剤がどれほど体に危険を及ぼすかといったことも知っていたので、薬に頼った改善はしなくないと思っていました。
・自分の中で早く改善しないといけない家族が路頭に迷ってしまうのではないか?といった焦燥感をすごく感じました。
・子供に立派な父の姿を見せたいと思ったのと、子供たちにもその背中を見て将来、立派な父親になってほしいと願う気持ちがあります。

Q催眠療法を受けている最中はどのような気持ちでしたか?

・ずっと暗闇にいる感じがあったのですが、その暗闇がスーッと晴れていく感じがありました。
・暗闇が晴れていくと、心の中に光が差し込んでくるような感じがあり、未来が明るくなっていくような気がしていました。
・何かあったわけではないのですが、自然と涙が溢れだし、自分ではその涙を止めることが出来ないくらいに涙がこぼれてきました。
・眠っているのとはちがって、ずっと、うとうとしているような感じが続いていました。

Q催眠心理療法を受けてみていかがでしたか?

・薬を飲む必要がないくらいに回復することが出来ました。これも催眠療法を行う方の技術だと思いますが、感動するほどの改善がありました。
・多少なりとも精神安定剤を使用するだろうと思っていましたが、精神安定剤が必要ないと知ってものすごく驚きました。
・睡眠薬を飲まなくても夜はぐっすりと眠れるようになり、仕事も順調に出来るようになりました。今は、仕事できるといったことだけでとても幸せな気分を感じることが出来ています。本当に感謝しています。

7. 催眠療法と不安障害

他のところで催眠療法などを受けましたが、良くなるどころかどんどん悪化して、 一時期は自分は何のために生まれてきたんだろう…と悩む日々が続きました。
何の病気なのか?私は一体どうなってしまったのかと訳が分からないため、親や友達にも話せず、 一人で耐えたり、強く意思を持って切り抜けようとしたりしました。
でも神経がどんどん過敏になっていく一方で、ほんとうにもうイライラして、頭がどうにかなりそうでした。どうしても治したくて、ここに通うまで病院やカウンセリングなども一人でお金をためて、内緒で通ったりしていました。 でも良くならず…毎日辛くて、迷惑をかけてしまっている職場の人にも申し訳なくて、針のムシロの上で仕事をしていました。 普通に生活したくて、でもやりようもなくて途方に暮れていました。この症状を治すためだったら、私は命を捨ててもいいぐらい、追い詰められていましたし、治らなかったら命を捨てるしか無い状況まで追い詰められていました。

Q催眠療法を受けようと思った理由は?

・これ以上家族に今の現状を隠し通すのには限界が見えてきました。
・何よりも一刻も早く改善しなくては、自分自身が壊れてしまうと思い、恐怖でした。
・心の中にずっしりと重たいものが載っているような気がして、その重りを少しでも軽くしたいと思いました。
・なぜ私だけがこんな思いをしなくてはいけないんだ?みんなと同じように普通の生活が送れるようになりたいし、当たり前だと思っていた普通の生活に憧れました。

Q催眠療法を受けている最中はどのような気持ちでしたか?

・メルヘンが好きな私には、メルヘンの催眠療法?言葉?を使ってくれてすごくしっくりとくる感じがありました。
・今までの催眠療法では感じることのなかった、全く違う気分を味わうことが出来ました。
・催眠療法を受けている間、ずっと幸せな気持ちでいることが出来て、すごく充実した時間を過ごすことが出来ました。

Q催眠心理療法を受けてみていかがでしたか?

・重く苦しかった心が、嘘のように晴れ渡り、すっきりとした明るい心になることが出来ました。
・何かにイライラすることもなくなり、物に当たる癖まで改善することが出来ました。また、急に泣き出してしまうこともあったのですが、今ではそれもなくなりました。
・こんな自分を産んだ親に怨みをもったこともあり、親へ殺意を抱いたこともありましたが、今ではそういった感情は全くなくなり、逆に生きるということに希望の光が見えてきました。

6. うつ病と催眠療法

かねてより、なんとしてもプログラムを受けたいと希望していて、今回、私を受け入れてくださり、感謝の言葉しかありません。会社経営を頑張っていたのですが、ストレスが積み重なり、自律神経失調症、うつ病が悪化し、散々苦しんできました。薬物療法、催眠療法、森田療法、精神分析療法や様々な心理療法を試してきましたが どれも効果を得られませんでした。
何も信じられなくなり、もう疲れて自暴自棄に陥り、会社経営は弟に任せっきりになり、当時は本当につらい状況でした。しかし、社員もいるので、薬でなんとかごまかしながら生きていましたが、いつか治っているなんてことは全く無く、着実に限界は近づいてきている恐怖がありました。

Q催眠療法を受けようと思った理由は?

・とにかく、一日を生き抜くことが必死だったので、毎日が怖くて怖くてどうしようもなくなり、どうしてもプログラムを受けたいと思っていました。私が生きていくためにはこれしかないと思いました。
・薬を服用するとどうしても頭の回転が悪くなってしまい判断力も鈍くなることから仕事をまともにすることさえできなくなってしまいました。このままでは会社が潰れてしまうと本気で思いました。

Q催眠療法を受けている最中はどのような気持ちでしたか?

・自分の輝く未来が見えることが出来たことで、精神的な不安がなくなってきて、すごく楽に気持になりました。
・追い込まれていた自分が嘘のように穏やかな気持ちになっていくのが分かりました。
・焦りがなくなって、心地の良い気分になっていくのと同時に、すごく眠くなりました。

Q催眠心理療法を受けてみていかがでしたか?

・何を経験しても自分を変えられなかった私を、ここまで導き、そして解決していただき本当に感謝しかありません。ありがとうございます。同じ催眠療法でも、施術を行う人の技術でこんなにも違うのかと思ったのと同時に、驚きも大きかったです。、今では私の精神状態も良好になってきましたし、会社の経営状態も右肩上がりになり、軌道に乗っています。

5. 催眠療法とうつ病

母の教育虐待で心が折れました。これからは自分の足で歩んでいきます。
私の家系は俗に言うエリート一家です。毎日とにかく後継問題に悩まされています。父も母も度を越した徹底ぶりで私を鍛え上げました。それでも私は、母を悲しませたくないとずっと思っていました。だから私は期待に応えようと猛烈に頑張っていました。私は無理やりエンジンを掛けて実習に励んでいました。しかし、一年も過ぎてから、漠然とした不安を抱えながら、次第に医学部の勉強にも身が入らなくなりました。自律神経失調症のせいか体調が常に悪く、何も手につかない状況になりました。その後も、抗うつ薬を飲み、無理やり勉強や実習を続けていましたが、最後は体が言うことを効かなくなり、脳も思考停止しました。大学も休学せざるを得なくなり、医者の言われるまま薬漬けになっていきました。

Q催眠療法を受けようと思った理由は?

・医学部にいる友人の勧めでダメもとでもいいから受けてみようと思いました。
・小さい頃から教育虐待を受けていたので、自分だって幸せになりたいという素直な気持ちを吐き出そうと思いました。
・このままでは体が薬で壊れていくのを自分自身でもわかり、死んでしまうのではないかといった恐怖を感じたので、催眠療法を受けてみようと決意しました。

Q催眠療法を受けている最中はどのような気持ちでしたか?

・1回目は特に何にも感じることはなく、なんとなくスッキリしたぐらいにしか感じませんでした。
・2回目からは雲が出てきてどんよりとしていたけど、少しづつ薄くなって光が差してきたような感じがしました。
・光が差し込んでくるのと同時に何かに優しく包まれて、高原にいるようなすがすがしい気分になることが出来ました。
・体が温かくなり、ものすごく眠くなっていくのが分かりました。

Q催眠心理療法を受けてみていかがでしたか?

・初めて自由な感情を味わうことができました。
・そして、心地の良い気持ちやすっきりとした気持ち双方をやっと感じることができ、言いなりになっていた自分から脱皮できるようになりました。
・今は、しっかりと自分の夢を持てるようにもなって、過呼吸や不安、うつ病、薬から抜け出せたことが大きな成果でした。

4. 催眠療法とパニック障害

社会不安障害とパニック障害がどうやっても治らず、困っています。それまで必死に耐えてきましたが、これは性格だと諦めて症状と付き合ってきました。ですが、こんな自分でも結婚をしたいという願望から、改善したいと思いました。私なんてこんなものかという気持のまま死んでいきそうな日々が続いています。僕はいつも相手のことばかりを気にしてしまう性格なんです。だから人間関係を苦手としているうちに、常に誰かに見られている気がしたり、不安になっていました。挙句の果てに、電車にも乗れなくなり、すぐにパニック生涯のように過呼吸が始まります。本当に辛いです。

Q催眠療法を受けようと思った理由は?

・こんな状態のまま死んでいくと思うと悔しくなり、すごく嫌な気持ちになりました。
・性格的に仕方ないと諦めていましたが、どうにかパニック障害を直したいという気持ちが日に日に増してきました。
・電車に乗ることも出来なくなってしまっては日常生活に支障をきたすので、生活していくことも出来なくなってしまうので、どうにかしたいと思いました。
・この苦しい気持ちを抱えているのが嫌になり、催眠療法を受けてみようと決意しました。

Q催眠療法を受けている最中はどのような気持ちでしたか?

・体中がポカポカした気分になり、すごく気持ちの良い感じでした。
・何故だか分かりませんが、心の中の色々なものがキレイになっていくような感じがして、自然と涙が溢れてきました。
・心の中で見え隠れしていた雲が、徐々に晴れていくのがわかったと同時に、自分の気持ちも楽になっていたのがすごく分かりました。

Q催眠心理療法を受けてみていかがでしたか?

・本多先生にもっと早く出会えていれば、こんなに苦労せずに済んだのに・・・と思ったのと同時に、とても感謝しております。
・今はなぜか相手に対しても不安を持つこともなくなったし、自分の中で急にパニック状態になったとしても対処法がわかったので、今では、その回数ですら減少傾向にあります。もっと早く催眠心理療法を受けていれば、失ってしまった過去を、今のように本物の自分として取り戻すことが出来たはずだと思います。

3. うつ病と催眠療法

苦手な上司とうまくコミュニケーションが取れないといったことが原因で、不眠症が始まりました。私自身も仕事の能力不足、コミュニケーション能力不足、私がいなくても会社は回る、代わりはいくらでもいるという虚無感を常に感じていました。ギスギスし始めた会社での人間関係、先行きへの心配により、家に戻っても常に漠然とした不安を感じるようになっておりました。次第に寝ようとすると動悸が激しくなり、落ち着きがなくなり、神経が昂ぶり、しまいには寝ようとすること自体が恐怖になりました。睡眠薬を飲んで無理やり寝ていましたが、抑うつ状態が悪化し続けていき、もうこの頃にはうつ病に突入していたと思います。

催眠療法を受けようと思った理由は?

・自分の能力不足を必死に補わなくてはいけないと思えば思うほど、仕事のプレッシャーに押しつぶされそうになりました。
・なんでもいいからとにかくゆっくりと眠れる環境を作ってほしいと思いました。
・臨床心理士や心理学者がやっている催眠療法を受けることが出来れば改善できるのではないかと思い、とにかくやってほしいと思ったのがきっかけです。

Q催眠療法を受けている最中はどのような気持ちでしたか?

・治療中の感じとしては、痛みや恐怖感などは一切なく、うとうとしているだけで何も感じませんでした。
・心に溜まっていた大きなストレスが少しづつですが、浄化されているような感じが分かりました。
・うまく表現できませんが、何かすごく優しさのようなものを治療中はずっと感じていたのを覚えています。

Q催眠心理療法を受けてみていかがでしたか?

・不眠症、精神的スランプが解決出来たことで一人の人間として大きく成長できたように思います。
・またストレスやプレッシャーに強くなれたことは、今後の社会人生活を考えると、受けて本当に良かったと思います。

2. アダルトチルドレンと催眠療法

会社に行くのが苦痛で悩んでいました。好条件の外資系に転職できたのですが、毎日のように劣等感を感じていました。私の家柄は、両親ともに社会的に立派な人でしたが、僕自身は、幼いころから出来ない事ばかりで、常に劣等感の塊のような性格でした。父が僕に対して興味があるのは、学歴だけしかなくて、常に「跡取りなんだから」と言われて僕プレッシャーに押しつぶされそうな気持でいっぱいでした。僕の母はとても愛情がある人でしたが、学歴に関しては、父親以上に執着をしていたと思います。塾に散々行かされて、ママの中で成績が常に一番でいないといけないという人でした。そのせいか、自分というものが僕にはほとんどありませんでした。ちょっとしたことでも傷つき、その傷口を自分でもっと悪化させてしまうといった、どうしようもないマイナス思考が出来上がっていました。
このままでは、私は生きる喜びを感じられないまま、社会でも大きな挑戦も出来ずに潰れていくと思います。

Q催眠療法を受けようと思った理由は?

このままでは家柄に泥を塗ってしまうのではないかという不安がありました。跡取りとして失格だと思われてしまったら、仕事を継ぐことが出来ず、こんな自分では社会では通用しなくて、無職になってしまうのではないかと恐怖を感じました。精神病の薬を飲んでいることが周囲にバレてしまったらどうしようと不安で不安で仕方なくなりました。

Q催眠療法を受けている最中はどのような気持ちでしたか?

体中がポカポカしてきて、春の陽気に包まれているような心地よい気分になっていくのが分かりました。
・あまりの気持ちよさに、途中から爆睡してしまいあまり覚えていないです。
・気が付いた時には自分が優しい光の羽衣に包まれているような感覚になっていました。

Q催眠心理療法を受けてみていかがでしたか?

・今までのような劣等感や自信の無さはなくなり、本当の自分が出せるようになったと思います。社内でも、自分の良さをしっかりと発揮できるようになりました。
・失くしていた本当の自分を取り戻してくれたことに感謝しかありません。そして、ここまでたくましくしてくれたことにはお礼を言っても言い切れないくらいです。

1. うつ病の改善実例

妹の夫がうつ病になってしまいました。
休職中で、産業医と会社から紹介された心療内科で定期的に診療していますが、効果がありません。必死で治療に協力している妹を見て、私も胸が塞がれる思いです。双方の両親や兄弟も、できる事はしています。ですが、ついに妹が死を口にするようになってしまいました。妹もストレスなのか、原因不明の体調不良に悩まされているそうです。(目まい、急に身体が痛む、筋肉が痙攣する、など)
子供達が明るくいてくれるのが唯一の救いとなっております。そこで、催眠療法はどうかと思ったのですが、どうでしょうか?

Q催眠療法を受けようと思った理由は?

・子供の世話をしないといけないと思っていても、体が言う事を聞かなくなってきてしまい、私までダメになってしまったら子供たちに迷惑をかけてしまうと思いました。
・体力的にも限界に近付いていることが自分でもわかるほど苦しくなってきてしまいました。
・これ以上、夫が苦しんでいる姿を見ているのが辛くなって催眠療法で楽にさせてあげたいと思居ました。
・診療内科で薬をいただいてますが、薬の使用が多くなりすぎると健康面でも不安が出てきてしまうと思ったからです。

Q催眠療法を受けている最中はどのような気持ちでしたか?(旦那さんの回答)

・じわじわと体が温まっていき、ポカポカとした心地の良い気分になっていくのがはっきりとわかりました。
・体が温まっていくのと同時に、ゆっくりと何かに包み込まれるような、気持ちよさを感じました。

Q催眠心理療法を受けてみていかがでしたか?(旦那さんの回答)

ただ、まったりと過ごしているだけなのに、心の中がすっきりとしていくのが分かりました。ぐっすりと眠ることが出来なかったのが嘘のように、寝れるようになりました。薬を飲み続けていくのは嫌だなぁと思っていましたが、催眠心理療法のおかげで薬を減らせるようになってよかったです。これからゆっくりでもいいから社会復帰をしたいと思えるような心境に久々になることが出来ました。